スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インドの科学者」の参考文献

「インドの科学者 頭脳大国への道」の執筆にあたって参照した参考文献リストです。インドの科学・技術の近代における歴史や、科学者、技術者の自叙伝、伝記を中心にあげてみました。( )内は簡単な説明です。邦訳のあるものは【 】内に示しました。本書中の個々の引用の出典については別のブログで示します。

1. Hundred Years of the University of Calcutta, University of Calcutta, 1957.(カルカッタ大学百年史)
2. Subrata Dasgupta, Jagadis Chandra Bose and the Indian response to western science, Oxford University Press, 1999.
3. Patrick Geddes, The Life and Work of Sir Jagadis C. Bose, 1920.【新戸雅章訳、インド科学の父 ボース、工作舎、2009年6月】
4. Acharya Jagadis Chandra Bose, Birth Centenary 1858 - 1958, 1958.
5. Prafulla Chandra Ray; Autobiography of a Bengali chemist, Calcutta: Orient Book, 1958.
6. Prafulla Chandra Ray; Life and Experiences of a Bengal Chemist, in two volumes, The Asiatic Society, Calcutta, 1932.
7. J. Lourdusamy, Science and National Consciousness in Bengal 1870 – 1930, Orient Longman, 2004.(J・C・ボース、P・C・ラーイ、M・シカール、A・ムケルジーの四人を科学者達を通じて植民地時代のインド科学を描いたもの。)
8. Robert Kanigel, The Man Who Knew Infinity: A Life of the Genius Ramanujan, Abacus Books, 1992.【田中靖夫訳、無限の天才ー夭折の数学者・ラマヌジャン、工作舎、1994年】
9. G. H. Hardy, A Mathematician’s Apology, Cambridge University Press, 1967. 【柳生孝昭訳、ある数学者の生涯と弁明、シュプリンガー・ジャパン、1994年】(ラマヌジャンの才能を発掘した数学者の自叙伝。第1部が自叙伝。第2部にスノーの書いた「ハーディの思い出」が収録されている)
10. 藤原正彦、心は孤独な数学者、新潮社、1997年
11. 藤原正彦、天才の栄光と挫折―数学者列伝、日本放送出版協会、2001年
12. Bruce C. Berndt, Robert A. Rankin, Ramanujan: Letters and Commentary, The American Mathematical Society, 【細川尋史訳、ラマヌジャン書簡集、シュプリンガー・フェアラーク東京、2001年】
13. 黒川信重、オイラー、リーマン、ラマヌジャンー時空を超えた数学者の接点、岩波科学ライブラリー、2006年
14. S. Ramaseshan and C. Ramachandra Rao, C. V. Raman: A Pictorial Biography, Indian Academy of Sciences Bangalore, 1988.(生誕百年記念出版のラマン伝写真集)
15. G. Venkataraman, Journey Into Light: Life and Science of C. V. Raman, Indian Academy of Science, 1988.(生誕百年記念としてインド科学アカデミーから出版されたラマン伝)
16. S. Ramaseshan edited, Scientific Papers of C. V. Raman, Volume 1 – 5, Indian Academy of Sciences, 1988. (ラマンの論文コレクション)
17. C. V. Raman, The new physics ; A talk on nature【深川俊男訳、新しい物理学、南雲堂、1965年】
18. B. V. Subbarayappa, A Pursuit of Excellence: A History of the Indian Institute of Science, Tata McGraw-Hill Publishing Co. Ltd., 1992.(インド理科大学の公式史)
19. Jawaharlal Nehru, The Glimpses of World History, Oxford University Press, 1934-35. 【大山聡訳、「父が子に語る世界歴史(全6巻)」、みすず書房、1969年】
20. A. P. J. Abdul Kalam with Arun Tiwari, Wings of Fire: An Autobiography, University Press (India), 1999.(アブドゥル・カラムの自叙伝)
21. Subrahmanyan Chandrasekhar, Truth and Beauty: Aesthetics and Motivations in Science, University of Chicago Press, 1987.【スブラマニアン・チャンドラセカール、豊田彰訳、真理と美―科学における美意識と動機、法政大学出版局、1998年】
22. Kameshwar C. Wali, Chandra: A Biography of S. Chandrasekhar, University of Chicago Press.
23. O.P. Jaggi, Technology in Modern India, Delhi : Atma Ram , 1984.
24. G.S. Aurora, Scientific Community in India, Amrita Prakashan Bombay, 1986.
25. Dilip M. Salwi, Scientists of India, Children’s Book Trust, New Delhi, 1986.(五十三人のインド人科学者伝からなる子供向けの啓蒙書)
26. Daniel R. Headrick, The Tentacles of Progress: Technology Transfer in the Age of Imperialism, Oxford University Press, 1988.
27. Zaheer Baber, The Science of Empire: Scientific Knowledge, Civilization, and Colonial Rule in India, State University of New York Press, 1996.
28. Jayant V. Narlikar, The Scientific Edge: The Indian Scientists from Vedic to Modern Times, Penguin Books India, 2003.(著名なインド人天文学者によるインド科学史)

スポンサーサイト

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mikami

Author:mikami
三上の本のページへようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。